少子高齢化社会の到来に伴い、二世帯住宅の需要は伸びています。
二世帯住宅へリフォームする場合は、それぞれの世帯が独立した生活ができるような間取りをつくることが大切です。
若い世帯がプライバシーを重視するのと同じく、高齢の世帯も自分たちで独立した生活を望んでいるはずです。
原則として居住スペースは分け、さらに、いっしょに過ごすことのできる共用のスペースを設けることができれば、問題はありません。
お互いがお互いの世帯を思いやることが大切です。

二世帯住宅へリフォームする場合のポイント

二世帯住宅へリフォームする場合のポイント 実際に二世帯住宅へリフォームする場合は、お互いの世帯を分ける明確な区分と、共用の部分をうまく分けることが大切となります。
1階へは、高齢世帯のための独立した生活スペースをつくる必要があります。
リフォームでは、家全体を工事対象とするのでは無く、工事範囲を限定することがうまくいくコツです。
高齢世帯のための独立したスペースはベットが置かれた寝室を中心に、ミニキッチンやトイレを近くに設けることが必要です。
茶の間は特に必要ではなく、共用部分の居間を有効に使うことが望まれます。
高齢者のための独立したスペースで、高齢者が単独ででも生活ができるようななれば、若い世帯のプライバシーも確保しやすくなります。
お互いの世帯が助け合うことが、家全体の幸せにつながります。

完全に区切りを無くすリフォームは黄色信号

完全に区切りを無くすリフォームは黄色信号 家をリフォームする時はまず間取り全てを変えたいと思われる方がほとんどではないでしょうか。
もともとの家の築年数にもよりますが、昔の間取りは小さな部屋が小分けされているような造りが多いため、全体的に薄暗く狭い印象があります。
今の家を見ると、リビングなどは広く、明るく、解放感にあふれ、それぞれの部屋もゆったりと造られています。
家全体の大きさはそれほど変わらないのですが、昔と今ではびっくりするくらい空間の使い方が違うのです。
古い家をリフォームするとなると誰でも今風の間取りのイメージに造り変えたいと思われることでしょう。
部屋を広くするために壁や柱を排除することをまず考えることになります。
しかし、古い家の場合、部屋の区切りとして使っている壁や柱は、家を支えるものとして重要な役割を担っているものもあります。
それを取り外してしまっては、家の支えがなくなりいずれ大変なことになります。
この様に間取りから変えるような大々的なリフォームの場合、家の土台はもちろん、どの柱や壁などが家にとって重要なのかを建築士の方とシッカリ確認をして下さい。
そして、必要なものは残すようにしましょう。
壁などは残すのは一部だけで済む場合がほとんどですので、残った壁や柱はお洒落な部屋の装飾となるように設計士の方と考えてみてください。

外壁塗装関連リンク

墨田区で外壁塗装に携わっています。

外壁塗装 墨田区

新着情報

◎2018/9/4

税金がかかり減免処理もある
の情報を更新しました。

◎2018/5/9

リフォーム前に家族と相談
の情報を更新しました。

◎2018/1/11

二世帯で暮らすためのリフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

壁紙リフォームのタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「二世帯 リビング」
に関連するツイート
Twitter